専業主婦が旦那に内緒で借りられるカードローン

専業主婦カードローン

専業主婦がカードローンを借りられるのか?

消費者金融に勤めている審査のプロである管理人が結論から言いますと、大手の消費者金融は不可能です。

ただし、銀行カードローンであれば一部、審査に通過できるカードローン会社があります

これが結論です。

専業主婦が消費者金融に申し込みをすると、かなりの高確率で門前払いされます。

これには理由があり、貸金業法が改正されたことにより、専業主婦の申し込みについては配偶者の承認を得る必要があるとしているからです。

カードローンは、利用を内緒にできるからこそ価値があるものですが、旦那さんの承認を得るのは厳しいですよね。

このように、配偶者から承認を得るという事情から、大手消費者金融会社は専業主婦の契約自体を受け付けなくなったのです。

では、専業主婦がカードローンを契約する方法はないのでしょうか?

いえいえ問題ありません。

旦那さんに内緒で契約できる方法もあります。

それが一部の銀行カードローン会社です。

家計を握る専業主婦だからこそカードローンを利用したい、お友達とたまにはランチに行きたい、買い物をしたいってことありますよね。

本サイトはそのような悩みの専業主婦のためになるサイトです。

銀行カードローンなら申し込みを受け付けている

銀行カードローン

銀行カードローンは、総量規制対象外ということもあり、専業主婦の申し込みを積極的に受付している銀行が多くあります。

三菱東京UFJ銀行の展開するバンクイック、イオン銀行カードローン、楽天銀行、セブン銀行などは、専業主婦の契約申し込みページがあり、専業主婦の契約では人気の銀行です。

審査においても、旦那さんの会社に在籍確認の電話もないですし、旦那さんの収入証明書を確認することもないので、利用を内緒にしたまま申し込みすることが可能です。

大手の消費者金融(プロミス、モビット、アコム、アイフル)では全4社とも専業主婦は審査に通りませんので、必然的に上記の銀行カードローンから選択することになります。

銀行でも専業主婦の申し込みを受け入れない銀行もある

銀行カードローンATM

銀行であればどこでも専業主婦の申し込みを受け入れているのではないことも注目する点でしょう。

例えば、オリックス銀行や、新生銀行の展開するレイクは、はじめから専業主婦の申し込みを受け付けしない姿勢を取っています。

そのため、申し込みを考える場合には、専業主婦を積極的に受け付けている複数の銀行カードローンの中から選択することで、審査が通る可能性が高くなるでしょう。

専業主婦の審査内容について

専業主婦カードローン

申し込みの際、本人確認のできる運転免許証か健康保険証、パスポートのいずれか1点が必要になりますので手元に用意しましょう。

ネットからの申し込みが主流で、記載する内容は、氏名、年齢、自宅住所、配偶者の勤務先、年収、他社借り入れ金額などです。

そのまま審査が進み、早ければ審査結果は30分前後で確認でき、銀行振込などの方法でお金を借り入れることが可能です。

早ければ即日借り入れができる場合もあります。

審査結果については、各銀行の審査状況によりますので、詳しくは審査時に各銀行カードローンに確認してみてください。

申し込み自体は簡単で、スマートフォンやパソコンから進めることが可能です。

専業主婦カードローンの注意事項

専業主婦キャッシング

配偶者の年収を記載する欄がありますが、確認されているのは税込みの金額なんです。

実際の肌感覚で思っている年収金額よりも多いことがあるため、源泉徴収票などで旦那さんの年収金額を確認しておく必要があります。

審査事項に影響を及ぼす点になるので、適当に申告しないようにしましょう。

他社借り入れ金額

他社借入金額

申し込み時に他社借り入れ金額を申告する箇所がありますが、嘘の申告はNGです。

嘘をついても信用情報センターからバレますし、人間性を試されている部分とも言える項目です。

銀行の担当者は虚偽申告をされても何も言いませんが、全て分かっています。

お金の貸し借りの契約は信用取引となっており、審査の段階でお金を借りたいあまりに虚偽申告ばかりすると審査落ちになる可能性もあるので、誠実な対応が必要となってきます。

また審査で重要になるのが他社借り入れ金額です。

複数社から利用があれば、返済に困窮するのは目に見えていますし、直近で2件、3件契約していれば急激にお金が必要な理由があるんだと判断されます。

専業主婦の場合、多くても2件以下の利用で抑える方が返済に困らなくなりますので目安にしてみてください。

自分で仕事を開始したら大手の消費者金融も可能?

専業主婦も収入があれば消費者金融OK

子供が小さい時に働けなかったけど復職した、パートを開始したというタイミングで、大手消費者金融(キャッシング)会社での申し込みの条件を得たことになります。

つまり、自分でパートなど収入を得ることが出来るようになった時ですね。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット

この4社は消費者金融の大手4社となっており、自分で収入を得られるようになれば申し込み可能になっています。

審査も迅速で、当月復職、当月勤務の場合でも柔軟に審査をしてくれるでしょう。

まとめ

カードローン専業主婦

自分で仕事を持たない専業主婦も一部の銀行カードローンなら申し込みや審査が可能です。

しかし、全ての銀行カードローンが専業主婦の契約を容認していませんので、申し込みの際には注意が必要です。

専業主婦は家計を預かる立場であり、今月は家計がピンチ!という時にはカードローンで一時的なやりくりも必要なこともあるでしょう。

※自分で現金を多く使ってしまうこともあるかもしれませんし・・・。

そのようなときに自分名義のカードがあれば一時的な利用も可能ですよね。

自分に合う1枚が見つかれば良いですよね。